運動不足とED・糖尿病による症状をバイアグラで改善

運動不足になるとED(勃起不全)になる確率が高くなります。運動をしないと体の血が巡りにくくなります。EDの一番の原因と言われているのは、局所への血液供給の不足です。
最近ではデスクワークで一日中同じ姿勢を続ける人も増えていますが、このことも体の血流を悪くさせる原因の一つです。仕事が忙しくても、1時間に1度は軽く体をほぐすような体操をしましょう。
運動不足になると、筋肉が衰えるのでそれによって体温が低くなるのも問題です。筋肉は体の熱を生み出す器官ですから、筋肉が衰えればそれだけ体温が低くなります。体温が低くなれば新陳代謝が下がり、血液が巡りにくくなります。運動不足解消には、なるべく階段を使うようにする、電車では立つようにする、時間のあるときには歩く距離を多くする、などが効果的です。一度に一気に運動しようとするよりも、生活の中で少しずつ動くような習慣をつけると良いです。その意味でも、部屋や仕事机の掃除をするのはおすすめです。まわりが片付いてリフレッシュ出来るというメリットに加えて、体を動かすことが出来るからです。
EDの症状は、糖尿病によっても起こります。糖尿病はインスリンの働きが悪くなることで、血液の中のブドウ糖の量が増えてします病気です。糖尿病になると血管の中や神経が傷つけられてしまうため、正常に勃起できなくなります。糖尿病性のEDに対しての治療には、バイアグラが高い改善効果を発揮してくれるとされています。バイアグラは世界初のED治療薬であり、勃起をおさめてしまうPDE5という酵素の働きを阻害します。そうすることで局部への血流をアップさせるので、改善効果が期待出来ます。まずはバイアグラが使えるかどうかを病院で確認してみましょう。

トップページへ